予防診療

予防治療の大切さ

歯の健康維持には日々のメンテナンスが大切です

  • ずっと自分の歯でお食事を楽しみたい方
  • ずっとしっかりした発音でおしゃべりを楽しみたい方
  • ずっとキレイな笑顔でいたい方
  • お子様をむし歯にしたくない方

これらを叶えるために重要なことは、「歯」を残すこと、お口の中のむし歯菌を極力減らすことです。今、80歳以上の日本人の平均永久歯数は7本と言われております。食事を楽しみ、しっかり発音するには、最低でも歯が20本必要です。

むし歯にレジン等の詰め物をしても、詰め物は本物の歯の代替品にはなり得ません。また詰め物の寿命は、種類によりますが5年から10年です。最初は小さなむし歯でも、一度むし歯になってしまった歯は、修理を重ねるにつれて損傷が広がり、将来的に失ってしまう可能性が高くなります。

だからこそ、むし歯にならないための予防が日々必要なのです。

PMTCを受けましょう

毎日どんなに丁寧に歯磨きをしていても、必ず磨き残しはできてしまいます。どなたでも、歯ブラシや歯間ブラシを使っても、自力では磨けない箇所があるのです。だからこそ、歯医者さんでしか使えない特別な機材と液剤を使って、プロの手を借りて歯垢を取り除いていく必要があります。

この機材と液剤を使って、歯科衛生士が1本1本丁寧に歯をクリーニングしていくことを、PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)と言います。

PMTCを受けるメリット

1.むし歯や歯周病を予防できます

歯垢の除去とフッ素の塗布を行いますので、むし歯・歯周病の予防ができます。

2.歯の黄ばみ、タバコのヤニ、歯の汚れを除去できます

赤ワイン、コーヒー、お茶などによる着色や、タバコのヤニによる汚れを取り除くことができます。それによって、歯本来の白さがもどります。

3.口臭を予防できます

口臭のほとんどの原因は、歯垢の取り残しなどお口のトラブルによるものです。定期的にPMTCを受けると、お口のトラブルがなくなり、口臭もなくなります。

PMTCの流れ

1歯垢を赤く染出します

ご自身の歯垢状態をチェックします。歯垢が赤色に染まる液剤を用いて、溜まってしまっている古い歯垢と、磨けている新しい歯垢を赤色の濃さで判断します。これで、磨き残しやすい部位を発見します。

2歯と歯間の清掃をします

患者様の歯の形に合わせて専用のチップを選び、1本1本丁寧に清掃していきます。

3咬合面、歯の表面、歯周ポケットまで清掃をし、研磨していきます

歯の表面についている汚れ・歯垢を、完全にキレイにしていきます。

4フッ素塗布

歯のクリーニング、研磨が終わり、歯垢がなくなったら、最後にフッ素ジェルを歯に塗っていきます。フッ素はむし歯になりにくくする効果があります。これにて、PMTCは終了です。

5歯科衛生士からのブラッシング指導

キレイになった歯をいかに保つか、歯科衛生士が歯磨きの仕方をレクチャーいたします。

PMTCを行う上で大事なこと

患者様によって、むし歯になりやすい部位は違います。ですから、歯の表面を研磨するだけではなく、専用の器具を使用して、むし歯になるリスクの高い歯面からクリーニングしていくことが重要です。

当医院は、患者様お一人おひとりにあったPMTCを提供させていただきます。むし歯になりたくない方、むし歯を進行させたくない方は、当医院のPMTC受診をおすすめします。

フッ素塗布

むし歯になりたくない方は、フッ素塗布がおすすめです。むし歯菌はフッ素が大嫌いです。進行したむし歯はフッ素だけでは治りませんが、フッ素には歯の表面のエナメル質を復活させる働きがあるので、歯の表面を軽く溶かしてしまった程度の段階であれば、治せるケースがあります。
※小さなお子様(未就学児)はフッ素無料です。

シーラント

お子様のむし歯を予防したい方は、シーラントがおすすめです。
シーラントとは、奥歯の溝を薄いプラスチックで塞いで歯垢が溜まらないようにするむし歯予防方法です。奥歯の溝はどなたでも複雑な形をしているので、自力で磨ききれずむし歯になってしまうことが多々あります。

シーラントで奥歯の溝を塞ぐことにより、奥歯の溝のむし歯を防ぐことが可能です。お子様のむし歯予防をお考えの方は、当医院までお問い合わせください。

シーラントのメリット

1.歯を削らずに済みます
歯を削らず予防ができるので、お子様のむし歯予防に最適です。

2.歯が丈夫になります
シーラントの中にフッ素成分が含まれているので、むし歯菌の抵抗性が高まります。

シーラントの流れ

  • 歯のクリーニングをします
  • シーラントを施す部位を洗い、乾燥させます
  • シーラントが取れにくくなる薬を塗布し、水で洗います
  • シーラントを塗り、表面加工します
  • シーラントを固めるための光をあてます

3DS-徹底的にむし歯を予防したい方へ

3DSとは「Dental Drug Delivery System」の略で、むし歯菌を殺菌する液剤を用いてむし歯や歯周病の原因菌を抹消し、むし歯や歯周病の予防を行う方法です。PMTCを2回繰り返し、お口の中を徹底的にクリーニングした後、むし歯菌や歯周病菌を殺菌するための液を入れるためのマウスピースを作製します。これはむし歯や歯周病の最も徹底した予防方法です。

3DSは特にむし歯になりやすい菌がお口の中に多い人向けの治療になります。むし歯になりやすいと悩まれている方は、一度ぜひ当医院へお問い合わせください。

3DSの流れ

1マウスピースを作成します

むし歯を殺菌するための液をつけるためにマウスピースを作ります。マウスピース作成のために、まずは歯並びの型を取るところから始めます。

23DSを実施します

徹底的なPMTCを行い、歯垢を徹底除去します。また、舌苔(舌に付着している細菌)の除去とともに、マウスピースを使用した3DSを行います。お口の中の悪い細菌を除菌したので、歯ブラシなども全て交換し、3DS処置以前の細菌を3DS処置後に入れ込まないようにします。

33DSの効果を判定します

3DSの結果、むし歯をもたらしている菌がしっかり殺菌されたか診査します。十分な除菌効果が得られていない場合は、再度3DS処置を行います。

ブラッシング指導

正しいブラッシングは、ご自身でできる最も有効なむし歯・歯周病予防です。お一人おひとり、歯並び、歯の溝、歯の形、全て違います。歯が違うと、お一人おひとり磨き残しやすい部位も違います。だからこそ、ご自身にあった歯磨き方法が必要です。

当医院では、歯科衛生士が患者様お一人おひとりにあった歯磨き方法をアドバイスいたします。

歯科検診

むし歯を予防することの大切さを述べてきましたが、やはり大切なことは定期的に歯科医院へ行って検診を受けることです。定期的に検診を受けて、むし歯ゼロを目指しましょう。当医院の歯科検診は、むし歯だけではなく、歯周病や噛み合わせまでチェックいたします。ご自身では見つけることができない初期のむし歯や歯周病を早めに発見して、歯を削らないで済むようにしましょう。

3ヶ月~6ヶ月に1度のペースで、検診を受けることをおすすめします。

歯周病予防

歯周病は日本人の半分以上がかかっているとも言われています。初期段階は自覚症状がないので、ぜひ検診を受けてください。

歯周病検査は、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の間の隙間が開いていないか、歯を支える骨が溶けていないかをチェックします。歯周病という言葉を良く耳にされていると思いますが、実はかかってしまったら治療が難しいのです。早期発見と予防で歯周病をケアしましょう。

レントゲン検査

むし歯の進行や、歯並びの状態、親知らずを確認するためにレントゲンを使用します。今後の治療方針を定めるために必須の検査です。歯科用レントゲンの放射線量は、従来の物より少ないのでご安心ください。

歯周疾患検診

当医院では川崎市歯周疾患検診を実施しております。歯を失う大きな原因となっている歯周疾患の予防と早期発見を推進し、高齢期において健康で快適な生活が送れるよう支援することを目的としています。

川崎市で実施している歯周疾患検診は次のとおりです。

内容 問診・歯周組織検査
対象者 40・50・60・70歳の川崎市民(年度中に対象年齢になる方)

※個別に川崎市より受診券が送られます。
※詳しくは、川崎市にお問い合わせください。

歯に関するお悩みは、お気軽に

当医院では最新かつ最高の技術を学び習得し、患者様のお口の状況に適した治療方法を提供いたします。

  • 044-280-8008お気軽にお問い合わせくださいbottom_img1.png
  • 24時間受け付けておりますWEB予約はこちらから